QC検定対策の勉強法~絶対合格~

品質教育

どうも品質まにあ(@hinshitsumania)です。

今回は“品質管理検定3級”(QC検定3級)の勉強法についての内容になります。

受検結果や過去問での自己採点が30~70点の方々を対象にしております。
実践していただけたら、 “合格”出来る内容となっておりますので、これを読んで是非チャレンジしてみてください。

実力が30点レベルの方で、必要な学習時間が、30時間 と考えております。

また30点に満たない方々についても、個別相談を承りますので、ご連絡ください。

少しでも多くの方々が、“品質”を知る機会になれば良いと考えております。合格できるまでお付き合いいたします。

 

品質管理検定(以下、QC検定)は、私が所属する一般社団法人日本品質管理学会の認定を受けて、一般財団法人日本規格協会、一般財団法人日本科学技術連盟が主催団体となり、実施されています。

参考URL:一般社団法人 日本品質管理学会

JSQC 日本品質管理学会
スポンサーリンク

■QC検定の概要

概要の詳細については、こちらをご参考にしてください。

参考URL:日本規格協会
品質管理検定(QC検定)とは

日本規格協会 JSA GROUP Webdesk
日本規格協会のWeb販売サイト「JSA Webdesk」のトップページです。日本産業規格JISや国際規格ISO・IEC、海外規格ASTM・BS・DIN・ASME・UL等の規格販売。品質管理や信頼性等の管理技術、ISOマネジメントシステム、標準化、規格説明会、国際標準化研修など様々な研修メニューがございます。

簡単に言いますと、品質管理に関する知識をどの程度持っているか、客観的に分かるということです

データの視点ではいかがでしょうか。

QC検定始まって以来、右肩上がりで申込者数が増え続けています。2019年3月(第27回)では、なんと100万人を超えています。それだけ必要とされている検定と言えますね。

続いて合格率はどうでしょう。

4級を除いては、各級とも減少傾向です。
3級に関していえば、90%近くあった合格率が、50%まで下がっていますので、難易度が上がっていると言えます。

受検を考えている方は、早めのチャレンジがおすすめです。

■合格のメリット ~品質は目的ではなく手段である~

メリットを考えることは、モチベーションを保つ意味でもとても重要なことです。

メリットはいろいろありすぎて、全ての答えを書くことは難しいです。
ただ、目指すものは“合格ですので、合格した時に感じる変化について、考えてみたいと思います。

「QC検定合格して何になるの?」と言う、お邪魔な方に対する答えにもなります。
QC検定のホームページでは以下のように記載があります。

上記のこの内容は、受検者本人にとってのメリットではないのです。

私には更なるメリットがあると考えておりますので、補足させていただきたい。
実際私の今の活動の、根本的な考え方にもつながっております。

「品質は目的ではなく、手段です。」

検定に合格すれば、品質管理が出来るようになるのではなく、品質管理の考え方を活用することで、製品品質の向上に必要なことが分かり、教育に必要なことが見えてくるのです。

つまり、この考え方こそが大切なことなのです。

品質管理の考え方、品質と言うものを考えることで、自分に必要なこと、やるべきことが見えるのです。
品質を学ぶ最大のメリットは、品質を手段と捉えることだと考えております。

■覚悟を決める ~弱点を受け入れる~

合格を目指すためには、まず今の自分の実力を知ることです。

現状のレベルは明確ですか?実践と手法のそれぞれの得意不得意は把握されていますか?

まだですとおっしゃる方は、是非一度、過去問を解いてください。
過去問が一番効率の良い勉強法です。

過去問は本屋さんで購入することが出来ます。全6回分で2,000円前後です。

出題分野が、一覧表に記載されています。
ここで一つご提案💡 実力の見える化です。過去問を解き、結果に応じて色分けするのです。


いかがでしょうか。(上記は例)
自分の弱いところが見えて、やるべきことが分かるのではないでしょうか。

現状と理想のギャップを分析するときは、捉えたいものを分解して、項目にすることで、目標を絞ることが出来ます。
そうすることで、目標の管理(日毎/週毎/時間単位など)が可能になります。

逃げたくなる苦手な項目に集中できます。

覚悟を決めるとは、苦手を克服することです。

■合格するための勉強方法 ~方針を決めて対策~

「手法」と「実践」でまず分けましょう。
私の経験から「手法」の方を、苦手とする方が多いようです。

ここでは手法と実践それぞれを、合格基準である70%以上を目指すとします。
その為の対策を以下とします。

まずは「実践」。

実践は出題範囲が広く、いわゆる「山勘」は通用しません。

そこでやっていただきたいことは、全6回分の過去問を解くのと、解説を読む。それで理解できないことを、調べてください。これだけで70%以上の正答率となるので、合格圏内が狙えます。

ここで使うのが10時間。

手法」もまずは同じです。同じように10時間。

ただし「手法」に関しては、このままでは70%に満たない場合があります。

この時点で先ほどの表が色付けされていますので、赤い部分に残りの10時間を費やしましょう。

(エクセルファイルをダウンロードできるようにします。もうしばらくお待ちください。)

■本番の臨み方 ~集中と自信~

検定中のことについてです。
本番で大事なことは「集中」と「自信」だと考えております。

この二つを維持するために、私がおススメする方法は、「実践」の解けるところから解くことです。

検定は「手法」から始まり、この計算問題で時間を使い、慌てて後半を解く方が非常に多い。
「実践」に関しても、悩んでしまう問題があります。悩んだら飛ばす。

この勇気が大切です。

時間配分や解く順番は、解けるところの後で考えましょう。
集中力が維持できる限り解く。これは自信を維持する効果もあります。

「実践」の次は「手法」の解けるところ。

解けると言っても、時間をかけてはいけません。不合格の理由は“時間が足らなかった”が一番多い理由です。

自信は努力から生まれます。やってきたことを信じてください。

絶対に合格するんだという気持ちです。

■おまけ ~数的センスの活かし方と点数アップ法

勉強法ではなく、本番中にどうしても「分からない」、「時間がない」と言った場合の、正解率を上げる方法です。

例えば「基本統計量の問題」

平均値・偏差平方和・不偏分散・標準偏差などが、同じ選択欄にある場合は、十者択一など、多くの選択肢から答えを探すわけです。ここで勘が働くかどうかで、二者択一、三者択一にすることができます。“まぐれ”の可能性がぐっと上がります。

選択肢がいくつかのまとまりに見える。
数字の桁はどのくらいだろう、プラスとマイナスはどうだろうなど、
日頃の勉強法を意識することで、センスは磨けますので、是非試してくださいね。

■絶対合格 ~まとめ~

合格するために必要な勉強時間は、次のような目安で考えております。(過去問の結果により算出)

過去問の結果が
70%以上 :10時間(過去問一冊で全6回分の解答
30~70% :30時間以内(今記事の内容を実践)
30%未満 :実力による

30%未満の方に関しましては、試験がマークシート選択方式なので、その特性から実力を判断することは難しい。(点数がばらつき、たまたまと言う可能性が高い。)

私の実績としては、「“平均値”って何ですか?」という生徒が、1ヶ月で合格という経験があります。

ご本人のやる気次第ではありますが、「絶対合格」を目標に、計画と勉強法の選択、そして合格までをフォローさせていただきますので、是非ご活用してみてください。

QC検定3級は、どんな分野の方でも、どんな立場の方でも活かせる内容です。
是非、品質の考え方を活かしてください。

 

コメント